無線機の魅惑

要免許の無線

無線機を使うのに免許が必要なものがあるというのは、もうご存知ですよね!
そこで、免許が必要な無線機を紹介したいと思います。
免許を取得すると、通信範囲が広がりたくさんの人と交信する事ができます。
同じ県だけじゃなく、日本中!そして地球の裏側・世界中の人と交信する事も可能なんです。
海外へ行くにはパスポート・飛行機のチケット・費用もかかりますが、無線機は家の中で海外にいる人と話す事ができるんです。これが1番魅力的ではないでしょうか?

また、無線機の免許があると仕事の幅が広がるので、持っていて損は無く、仕事・趣味で活躍します。
無線機興味がある人は、免許取ると良いでしょう!仲間を誘って無線仲間を広げましょう。

アマチュア無線

免許がいる無線で、アマチュア無線は有名ですよね!アマチュア無線の免許を持っている人は結構たくさんいるんです。
日本は世界で見ても、アマチュア無線の免許を取り利用している人はダントツに多いんです。芸能界でも免許を持っている人は多く、もしかしたら芸能人と交信できるかもしれませんよ!!

ココで注意して欲しいのですが、アマチュア無線は仕事や金銭目的で使うことはダメ!!ということです。あくまでも趣味として利用しましょう。
利用するには「無線従事者資格」という国家資格が必要です。無線従事者資格は第4級アマチュア無線技士から第3級・第2級・第1級とレベルが高くなって行きます。
階級で何が変わるのかというと使用できる周波数です。国家資格と聞くと難しそうな感じがしますが、第4級は小学生が免許取得する例がたくさんあります。頑張って勉強したら第1級も夢ではありません。
資格に合格したら、申請が必要です。お忘れなく!

総合無線通信士

総合無線通信士は無線通信の王様といってもいいでしょう。
この資格を取得すると海上・航空・陸上のあらゆる無線を扱う事ができる無線最強の資格です。
最強の無線なので、やはり難易度は高くなります。合格率も1ケタなのでナメてかかってはいけません!
試験の内容も、無線の事だけではなく、英語や地理や電気通信などがあります。
総合無線通信士は就職にも強く、警察庁や気象庁、船舶関係にも有利で、日本だけでなく国際的にも使える資格でしょう。資格は第1級・2級・3級があります。この場合は2級・3級になるほど試験内容は難しくなります。

その他にも

海上無線通信士や、陸上無線通信士、航空無線通信士などがあります。
仕事に応じてレベルや級を分けて使うことが出来ます。アマチュア無線は趣味でしか使えませんがそのほかは仕事で使うことが出来ます。
職場が、積極的に資格を取らせる場合もあります。
航空無線通信士は、航空通信管制官や飛行機のパイロットは必ず持っています。ということはパイロット志望の人は航空無線通信士の資格を取っていた方が良いでしょう!
海上無線通信士は、漁船や船舶などの航海するときに通信で使います。階級が4段階あります。

 

注目サイト

町田のデリヘル
http://www.atsugi-deliveryhealth-abc.jp/

Last update:2014/12/4